シソの実油の効能・サプリメント・有効成分...

シソの実油にはどのような特徴がありますか?

シソの実油には、次のような特徴があります。

 

■甜茶やバラの花エキスとの併用が可能です。
■花粉症やアレルギー性鼻炎に伴う症状を緩和します。
■α-リノレン酸の作用によってアレルギーを抑制します。

シソの実油にはどのような効能がありますか?

シソの実油に期待されるのは、次のような効能です。

 

■花粉症やアレルギー性鼻炎に伴う症状の緩和
■アトピー性皮膚炎の症状の改善
■気管支喘息に伴う症状の改善
■血清脂質の改善や心臓病の予防効果

シソの実油のサプリメントはどのようなものですか?

シソの実油のサプリメントは、
シソ科の植物の種子から採取された脂質成分に由来します。

 

シソの実油の主成分である
「α-リノレン酸」の摂取が増えると、
アレルギー作用を抑えることが示されており、

 

花粉症やアレルギー性鼻炎に効果のある
サプリメントとして用いられています。

 

スポンサーリンク

シソの実油の摂り方は?

シソの実油については、
アレルギー疾患の症状に合わせて、
継続して利用するようにします。

 

なお、花粉症やアレルギー性鼻炎などに対しては、
甜茶やバラの花エキスなどと併用することもできます。

シソの実油の有効成分は?

シソの実油に含まれるα-リノレン酸というのは、
多価不飽和脂肪酸の一種であり、
体内でEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。

 

また、リノール酸とα-リノレン酸は、
多価不飽和脂肪酸の代表的なものですが、
これらはバランスよく摂取することが大切です。

 

しかしながら、一般的には、
α-リノレン酸のほうが不足しており、
リノール酸の摂取を減らして
α-リノレン酸を増やすことで、

 

アレルギー反応を抑えることができる
というデータが報告されています。

シソの実油の研究について

シソの実油の研究では、
アレルギー疾患の患者において、

 

α-リノレン酸が、
白血球からのロイコトリエンなどの
分子の放出を抑えることが示唆されています。

 

また、基礎研究においては、
シソの実油を投与することによって、

 

乳ガンや腎臓ガン、
大腸ガンなどの予防効果が示されているようです。

 

スポンサーリンク

シソの実油の基礎研究について

シソの実油の抗アレルギー効果については、
これまでに多数の基礎研究や臨床試験が報告されています。

 

基礎研究においては、
α-リノレン酸の摂取を多くすることによって、
アレルギー反応を抑えることが示されています。

シソの実油のはどのような点に注意が必要ですか?

シソの実油は、
通常の食材に近い成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

また、他のサプリメントや医薬品との
相互作用については報告されていませんので、
併用は問題ないと思われます。

シソの実油の臨床試験について

シソの実油を投与した臨床試験では、
アレルギー体質の改善効果が報告されています。

 

また、シソの実油のサプリメントが、
アレルギー症状を引き起こす
ロイコトリエンの産生を抑えるかを検討した臨床試験が、
気管支喘息患者を対象にして行われましたが、

 

それによれば、
投与して2〜4週間後に、
ロイコトリエンの産生抑制が認められたということです。

 

また、呼吸機能の各種指標の改善も示されたそうです。

 

さらに、シソの実油投与による
血中脂質改善効果も報告されています。

 

具体的には、投与4週間後に
総コレステロール値およびLDL(悪玉)コレステロール値
が低下したということです。

 

そのほか、日本人の高齢者を対象にした、
シソの実油の摂取を増やした臨床研究では、
EPAの増加が示されたそうです。

 

スポンサーリンク