ビタミンEの成分・効用・作用...

ビタミンEの特徴は?

ビタミンEには、次のような特徴があります。

 

■サプリメントではαトコフェロールが主成分となります。

 

■細胞膜を正常に維持し、活性酸素による障害を防ぎます。

 

■代表的な抗酸化ビタミンであり、
 生活習慣病の予防効果が期待されます。

ビタミンEはどのような成分ですか?

ビタミンEは、
代表的な抗酸化ビタミン※の1つであり、

 

生活習慣病予防のための
サプリメントとして利用されています。

 

また、ビタミンEは、
活性酸素の害を抑え、

 

過酸化脂質の生成を抑制して
動脈硬化性疾患を予防します。

 

※抗酸化作用をもったビタミンのことです。

ビタミンEの効用は?

ビタミンEに期待されるのは、次のようなものです。

 

■抗酸化作用 
■細胞膜の機能維持 
■ある種のガンや神経疾患の予防・改善
■脂質過酸化の予防・改善

 

スポンサーリンク

ビタミンEの分類は?

ビタミンEというのは、
「トコフェロール」と「トコトリエノール」の2つに分けられ、

 

それぞれがさらに
「α」「β」「γ」に分類されます。

 

そして、ビタミンEサプリメントといった場合には、
一般に、αトコフェロールを主成分とするものになります。

ビタミンEにはどのような作用がありますか?

ビタミンEは、
ビタミンCやβカロチンと同様に
抗酸化作用を持ったビタミンの代表であり、

 

これは、体内では細胞膜に局在し、
活性酸素による酸化障害から細胞を守ります。

 

また、脂質構成成分の酸化も予防します。

 

さらに、ビタミンCの代謝に関与したり、
ビタミンAやカロチン類の酸化を防いだりするなどの
機能も持っています。

ビタミンEの科学的根拠は?

ビタミンEは、
これまでに数多くの研究が行われていて、
その効果と安全性は確認されています。

 

具体的には、いくつかの生活習慣病に対する
効果が示されています。

 

例えば、次のようなデータなどが報告されています。

 

■前立腺ガンや胃ガンに対する予防効果を
 示唆するデータ

 

■関節リウマチやパーキンソン病、ある種の神経疾患
 に対する効果を示したデータ
...など

 

スポンサーリンク

ビタミンEの摂取方法は?

ビタミンEは
脂溶性成分であることから、
油に溶けた状態のほうが吸収されやすいです。

 

なので、食事と一緒に摂るとよいです。

 

なお、ビタミンEには所要量のほか、
1日当たりの許容上限摂取量が規定されています。

ビタミンEの種類は?

ビタミンEサプリメントには、
天然の素材に由来する製品と合成品とがあります。

 

とはいえ、
α-トコフェロール当量(α-TE)
という単位※で比べる限りにおいては、

 

天然型も合成型も
どちらも医学的な効果は同じとされています。

 

※ビタミンEの活性を示す単位のことです。

ビタミンEはどのような点に注意が必要ですか?

ビタミンEは、
通常の食材に由来する成分ですから、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、
ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種であり
体内に蓄積されることから、
過剰摂取には注意が必要です。

 

また、一部の医薬品との
相互作用を示唆するデータがありますので、

 

何らかの医薬品を併用する場合には、
主治医に相談の上で利用するようにしてください。

 

スポンサーリンク