ビタミンDの効用・機能・摂取方法...

ビタミンDの特徴は?

ビタミンDには、次のような特徴があります。

 

■骨や皮膚の健康維持や病態の改善に
 効果が認められています。

 

■カルシウムの代謝調節に欠かせない脂溶性ビタミンです。

 

■小腸においてカルシウムとリンの吸収を促進します。

ビタミンDの成分は?

ビタミンDは、
化学物質名を「カルシフェロール」という、
カルシウムの代謝に重要な役割を持つ脂溶性ビタミンの1つです。

 

また、ビタミンDは、
腸管からのカルシウム吸収を促進し、骨の再構築を促します。

ビタミンDが不足すると?

ビタミンDの欠乏症として、
乳幼児におけるくる病や、
成人における骨軟化症などが知られているほか、

 

高齢者では、
骨粗しょう症が問題になります。

 

スポンサーリンク

ビタミンDの効用は?

ビタミンDには、次のような機能があります。

 

■消化管からのカルシウムとリンの吸収の促進
■骨からのカルシウムの動員
■骨へのカルシウムの沈着促進
■骨の再構成・形成の促進
■腎臓におけるカルシウムとリンの再吸収の促進

ビタミンDの機能は?

体内に吸収されたビタミンDは、
肝臓や腎臓で活性型ビタミンDに変化しますが、

 

ヒトの皮膚には、
プロビタミンD3が存在しますので、
紫外線の作用でビタミンDに転換されます。

 

また、活性型ビタミンDは、
消化管からのカルシウム吸収や、
腎臓尿細管でのカルシウムの再吸収を促進し、
血液中のカルシウムを骨の形成・再構成に利用します。

 

さらに、体内でカルシウムが不足した状態では、
骨のカルシウムを動員して※、
血液中に足りない分を補うのですが、

 

このとき、ビタミンDは、
カルシトニンや副甲状腺ホルモンなどと協同して働きます。

 

※血液中に溶け出させるということです。

ビタミンDの効果・安全性は?

ビタミンDは、
これまでに数多くの研究が行われており、
その効果と安全性が確認されています。

 

また、次のような効果などが臨床試験によって示されています。

 

■骨やカルシウム代謝の改善効果
■高齢者における骨折の予防効果
■早期皮膚ガンに対する効果...など

 

スポンサーリンク

ビタミンDの摂取方法は?

ビタミンDは
脂溶性成分であることから、
油に溶けた状態のほうが吸収されやすいです。

 

なので、食事と一緒に摂るとよいです。

 

なお、ビタミンDには所要量のほか、
1日当たりの許容上限摂取量が規定されています。

ビタミンDはどのような点に注意が必要ですか?

ビタミンDは、
通常の食材に由来する成分なので、
安全性は高いとされています。

 

なので、特に問題となる健康被害や
副作用は知られていません。

 

ただし、ビタミンDは
脂溶性ビタミンの一種であり、体内に蓄積されることから、
過剰摂取には注意が必要です。

 

また、一部の医薬品との相互作用を
示唆するデータがありますので、

 

何らかの医薬品を併用する場合には、
主治医に相談の上で利用するようにしてください。

 

スポンサーリンク