ビタミンAの成分・効用・摂取方法・注意点...

ビタミンAの特徴とは?

ビタミンAには、次のような特徴があります。

 

■βカロチン(βカロテン)は、
 ビタミンAの前躯体(プロビタミン)である。

 

■目の網膜に含まれるロドプシンの構成成分であり、
 欠乏すると夜盲症になる。

 

■皮膚や粘膜の状態を正常に保ち、
 免疫や生殖の機能にも関係している。

ビタミンAの成分は?

ビタミンAは、
「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」
とも呼ばれますが、

 

食事に含まれるビタミンAとしては、
レバーや肝油など動物性食品に含まれるビタミンA、
緑黄色野菜に多いβカロチン※があります。

 

※体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。

ビタミンAが不足すると?

ビタミンAの欠乏症では、
暗いところで視力が低下する夜盲症が認められるほか、
皮膚や粘膜の異常も生じるとされています。

 

スポンサーリンク

ビタミンAの効用は?

ビタミンAに期待されるのは、次のようなものです。

 

■皮膚や粘膜の機能維持 
■免疫機能や生殖機能の維持 
■網膜の機能維持

βカロチンとビタミンAの関係は?

過剰症を生じないβカロチンの効果が注目されていますが、
摂取したβカロチン2分子は、
体内でレチノール1分子に変換されます。

 

このβカロチンは、
ビタミンAの前躯体(プロビタミン)であるだけでなく、

 

それ自体が抗酸化作用を持つ成分であり、
生活習慣病予防に効果があるとされています。

ビタミンAの摂取方法は?

ビタミンAもβカロチンも
脂溶性成分であることから、
油に溶けた状態のほうが吸収されやすいです。

 

なので、食事と一緒に摂るとよいです。

 

なお、ビタミンAには所要量のほか、
1日の許容上限摂取量が規定されています。

 

スポンサーリンク

ビタミンAはどのような点に注意が必要ですか?

ビタミンAは、
通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、ビタミンAは
脂溶性ビタミンの一種であり体内に蓄積されることから、
過剰摂取には注意が必要です。

 

また、一部の医薬品との
相互作用を示唆するデータがありますので、

 

何らかの医薬品を併用する場合には、
主治医に相談の上で利用するようにしてください。

ビタミンAの科学的根拠は?

ビタミンAは、
これまでに数多くの研究が行われていて、
その効果と安全性は確認されています。

 

また、いくつかの生活習慣病に対する
効果が示されいます。

 

スポンサーリンク