ホワイトウィロウとは?

ホワイトウィロウとはどのようなものですか?

ホワイトウィロウというのは、
和名を「セイヨウシロヤナギ」という、

 

中央〜南ヨーロッパ、北米に育つ
高さ25m程度の樹木のことです。

ホワイトウィロウの効用は?

ホワイトウィロウは、
樹皮の抽出エキスがサプリメントとして利用されていますが、

 

解熱・鎮痛作用があることから、
古くより民間療法として用いられてきました。

 

ちなみに、頭痛薬として定番のアスピリンは、
ホワイトウィロウに含まれる
サリシンをもとに作られたのが始まりです。

 

なお、アスピリンに比べると効き目は穏やかですが、
胃が荒れるといった副作用はありません。

マイタケとはどのようなものですか?

マイタケ(舞茸)というのは、
キノコの一種ですが、

 

βグルカンなどの成分が免疫力を高め、
ガンに対する抵抗力を高めるほか、

 

豊富な食物繊維が
生活習慣病の予防に役立つとされています。

 

また、マイタケ(舞茸)には、美肌効果も認められています。

 

なお、有効成分を多く含む分離物(フラクション)は、
MDフラクションと名付けられ、
ガンなどに対する効果の検証が進められています。

マコモとは?

マコモというのは、
沼地などに生えるイネ科の多年草で、
秋に米を細長くしたような実がなります。

 

なお、葉や茎を加熱処理してから、そ
のまま乾燥したり、

 

納豆菌などで発行した後に
乾燥させた健康食品が市販されています。

 

スポンサーリンク