黒大豆とは?

黒大豆とはどのようなものですか?@

黒大豆というのは、
表皮の色が黒い大豆のことをいい、
この黒の色素はアントシアニンと呼ばれるポリフェノール成分です。

 

この黒大豆は、抗酸化作用が強く、
脂肪の燃焼促進や食べた脂肪の体外排出促進などの作用があります。

黒大豆とはどのようなものですか?A

ちなみに、
煎った黒大豆にお湯を注いで飲む黒豆茶は、
香ばしくて人気があります。

黒大豆と普通の大豆の違いは?

大豆イソフラボンや大豆たんぱく質など、

 

大豆の健康成分については、
普通の大豆と同様に含んでいます。

 

スポンサーリンク

クロロフィルとはどのようなものですか?

クロロフィルというのは、
「葉緑素」ともいい、野菜や海草など、
光合成を行う生物にある緑色の色素のことです。

 

このクロロフィルには、
抗炎症作用や抗酸化作用があります。

 

ちなみに、伝統的には、
口臭の予防や便秘の改善、

 

赤血球の色素と構造が似ていることから
貧血の治療に使用されてきましたが、

 

その効果については明らかになっていません。

クロロフィルが不足すると?

クロロフィルは、
野菜などをあまり食べない人では不足しますが、

 

クロロフィルの不足や
欠乏で起こる病気については知られていません。

 

スポンサーリンク

黒豆茶とはどのようなお茶ですか?

黒豆茶というのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、フジッコが商品化した焙煎した
黒豆のブレンド茶飲料のことです。

 

ちなみに、黒豆茶は、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「骨のカルシウムの維持に役立つ大豆イソフラボンを含み、
   骨の健康が気になる方に適する」

黒豆茶の商品

黒豆茶には、
紙カート缶入り「黒豆茶」
500mlペットボトル入り「黒豆茶ゴールド」があります。

 

それぞれの目安量は1日1本(190g)、250mlです。

 

なお、黒豆茶以外にも、
フジッコは大豆イソフラボンを含むトクホ豆乳飲料
「黒豆豆乳飲料」も商品化しています。

 

スポンサーリンク