Lカルニチンの効用、大麦はい芽油、オールブラン...

Lカルニチンとは?

Lカルニチンというのは、
以前はビタミンBTと呼ばれていたもので、
脂肪からエネルギーを取り出すために必要な成分です。

 

Lカルニチンはに、
L体とD体という2種類の構造があって、

 

もともと体内に存在するL体のLカルニチンだけに
健康効果があるとされています。

 

ちなみに、Lカルニチンは、
妊娠中や授乳中は必要量が増えます。

Lカルニチンが含まれている食品は?

Lカルニチンは、
羊肉などの赤肉に多く含まれています。

 

通常は、体内で、
アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるので、
不足することはありません。

 

しかしながら、鉄、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6が足りないと、
合成の効率が落ちるので不足することもあります。

 

また、Lカルニチンは、日本では、
慢性胃炎などの治療薬として使用されていたのですが、

 

2002年から食品に配合できることになり、
現在ではさまざまな配合食品が販売されています。

Lカルニチンの効用は?

Lカルニチンは、
狭心症や心不全などの

 

心臓の病気の症状を軽くする効果が、
臨床試験で確認されています。

 

スポンサーリンク

大麦はい芽油とは?

大麦はい芽油というのは、
(財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が
安全性などの規格基準を設けている
健康補助食品の1つです。

 

大麦はい芽油は、
大麦はい芽から採取した油を
食用に適するように加工したものです。

 

あるいは、これに植物油から
分離、精製、濃縮などによって加工された
トコフェロール(ビタミンE)を加えたもののことです。

オールブランとは?

オールブランというのは、
日本ケロッグの小麦ふすまを含む朝食シリアルのことで、

 

厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品です。

 

ちなみに、次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「食物繊維の豊富な小麦ふすま(ブラン)を原料にしているので
   おなかの調子を整える食品。おいしく食べておなかすっきり」

オールブランの摂取目安量は?

オールブランの1日の摂取目安量としては、
20〜40gです。

 

スポンサーリンク